Hadesが今年の私のゲームである理由

スーパージャイアントのローグライクゲームは、ゲームプレイ、ストーリー、デザインの見事なブレンドです

もう一回試してみる。



ハデス は非常に多くのことをうまく行うゲームであり、それらすべてを説明するのは難しいです。これは、精巧な織り交ぜシステムとスーパージャイアントの以前のタイトルとの戦いを新たな高みへと導く、微調整されたアイソメトリックアクションゲームです。ジャンルの限界を超えたローグライクゲームストーリーテリング。これは、今年のビデオゲームで語られる最も説得力のある個人的なドラマの1つです。すべてが、まばゆいばかりの鏡のような輝きに磨き上げられています。



関連

ニックマーク

ハデスはキスして殺すための熱い神々とのローグライクです

場合ハデスこれらのうちの1つだけがうまくいったなら、それは素晴らしいゲームだっただろう。しかし、1ビートも逃さずにすべてを実行できるという事実は、今年私がプレイした中で最高のゲームになっています。

いろいろな意味で、ハデス開発者Supergiantの以前のタイトルの集大成のように感じます。それはそれらをまとまりのある全体にマージします:ペースの速い等尺性アクションと遍在するナレーションはの特徴でしたバスティオン、のカスタマイズトランジスタ、そしてそのすべてのタイトルを通してスルーラインであった世界構築とストーリーテリングの強調。



「ハデス」では、死は失敗ではありません

しかし、核となるアイデアはもう一度試してみることです。別の部屋を片付けようともう一度試みます。次のボスを倒す。次のゾーンに到達します。次のものに役立つ新しい武器、スキル、または能力のロックを解除します。友人や愛する人から新しい話を聞くこと。そして何度も何度も、もう一度試してみると10になるまで、午前2時ですが、あなたはまだ冥界の住人と決闘しています。

ハデスプレイヤーがオリンパス山で親戚に叱責され、各ランの開始ハブでのやり取りを通じて、そのストーリーをたっぷりと表現します。それはあなたになりますこれ冥界の他の住人について。私は疲れたメンターのアキレスが失われた恋人と再会するのを手伝いたかった。ふわふわの犬ケルベロスにプレゼントやペットをあげました。とてもいい子だからです。死は失敗ではありません。 House of Hadesに住む友人(そしてフレネミー)と一緒に過ごすチャンスでもあります。



ハデスそれ自体がローグライクのような素晴らしいアクションです。ハックアンドスラッシュの戦闘、さまざまな武器(6つあり、それぞれが4つの異なる形式でプレイ方法を根本的に変える)、オリンパスの神々から与えられた目まぐるしい量の能力と修飾子により、 2つの実行はまったく同じです。このゲームはまた、プレイヤーに新しい武器や能力を試すように巧妙に動機付けます。

hypetrain

これらの能力は楽しい方法で互いにプレーオフし、正しい組み合わせはありません。私の初期の成功のいくつかは、ダメージを受けたときにのみアクティブになる能力のように、最初はまったく役に立たないように見えたビルドでしたが、その後のブーンは数秒ごとに自動的にアクティブになり、パッシブダメージの大国になりました。数十時間経っても、ゲームが奇妙な組み合わせを投げ出し、強力な相乗効果をもたらすとき、私はまだ驚いています。

の魔法ハデスゲームプレイの多様性や、部屋やボス戦を完全にクリアすることの満足度だけではありません。このようにして、ゲームはもう1つのループを試すように促し、ザグレウス、ハデス、その他のオリンピック選手の家族ドラマに関する詳細情報や、今回ようやく冥界から抜け出すという魅力的なチャンスを約束します。

もう1回実行します。もう1行の対話。もう一回試してみる。

(もちろん、それはハデス'アートワークは豊かで詳細で、ゴージャスなキャラクターが冥界での戦いに何時間も費やすことを喜ばせます。)

もう1回実行、もう1行の対話、もう1回試行

そして、冥界の儀式の支配者自身のように、ゲームは難しいですが、公正です。地獄での数十回の実行で、悪い恩恵や安っぽい死で不当にだまされたと感じることはめったにありません。ハデスそれぞれの敵とボスがどのように戦うか、その能力がどのように組み合わされるかを学ぶことでプレイヤーに報酬を与えますが、けいれんの速いダッシュと回避をマスターしなかったことでプレイヤーを罰することはありません。実際、歓迎すべき動きとして、ハデスプレイヤーのダメージ耐性を強化し、すべてのプレイヤーがゲーム全体にアクセスしやすくするゴッドモード設定を提供します。

もう一度、ザグレウスは地獄から抜け出すための次の戦いを始めるときにつぶやきます。もう1回実行、絶対にそうではないことを知って、私はそれに応えて自分自身に思います。