MoviesAnywhereの新しいスクリーンパス機能を使用すると、デジタル映画を友達に貸し出すことができます。

DVDを貸すのと同じですが、デジタル映画用です

Movies Anywhere —ディズニー主導のデジタル映画ロッカーサービス購入したフィルムを同期しますiTunes、Amazon Video、Google Play、Vuduなどのプラットフォーム間で— Screen Passと呼ばれる新機能をリリースします。これにより、購入した映画を友人や家族と一時的に共有できます。



Screen Passを使用すると、Movies Anywhereユーザーは月に最大3本の映画を共有できるようになり、受信者に一時的にアクセスできるようになります。ユーザーはオファーを受け入れるために7日間の猶予があり、14日間映画にアクセスできます。開始後、受信者は72時間以内に映画を完成させることができます。 3共有の制限は毎月1日にリセットされ、より多くの映画を共有できるようになります。 (未使用のパスはロールオーバーしません。)



映画を共有できる回数や共有できる相手に制限はありません。つまり、大切な人にあなたの大切な人を貸すのとは異なります。マッドマックス 怒りのデス・ロードブルーレイでは、同じ月に3人の友人と映画のコピーを共有しながら、自分でそれを見ることができます。受信者が必要とするのは、MoviesAnywhereアカウントだけです。

共有できなくなりますすべてただし、MoviesAnywhereカタログにある映画。少なくとも今のところ、ベータ期間中に6,000を超えるタイトルが対象となります。これは、サービスを通じて利用できる映画の約80%であると同社は言います。スクリーンパスの対象となる映画はスタジオによって決定されます。たとえば、一部の企業は新しいリリースを制限することを好む場合があります。もう1つの大きな制限は、Movies Anywhereには、サービスに含まれていない3つの主要なスタジオであるParamount、Lionsgate、MGMの映画がまだないため、共有できないことです。ジョンウィックまたは王女の花嫁、デジタルで所有している場合でも。



この機能は、本日遅くに東部標準時午後1時/東部標準時午前10時からクローズドベータ版でリリースされ、5月にはより広範なオープンベータ版が計画されています。ただし、ベータ版に移行できなくても、テストが開始されると、すべてのユーザーがScreenPass共有の映画を受信して​​視聴できるようになります。 Screen Passの完全リリースは、今年後半に予定されています。

3月17日午前11時55分更新: Movies Anywhereは、クローズドベータ版のリリースを午後1時(米国東部時間)に引き上げました。当初は東部標準時午後4時に発売する予定でした。

地球から月へ