ブレイクシェルトンとグウェンステファニーがグラミー賞で再び共演

ブレイクシェルトンとグウェンステファニは、新しい年に一緒にステージに上がりました。今、彼らはグラミー賞のために再び一緒に演奏します。最近のシーズンが終わった後、彼らが何を演じるのか、そして一緒に彼らの時間についてもっと知る

ブレイクシェルトンとグウェンステファニが新しいデュエットをリリース

グウェン・ステファニー、ブレイク・シェルトン「The Voice」|ゲッティイメージズによるTrae Patton / NBC / NBCU Photo Bank

カップルは「Nobody But You」と呼ばれる新しいデュエットをリリースしました。シェルトンは、この歌が彼にとって何を意味するかについて話しました。



「これは、聴けば聞くほど、その曲に夢中になった曲の1つでした」と彼はEに伝えました。ニュース。 「私にとってそれがいかに重要であり、自分の人生のどこにいるのかにも気付きました。だから、[作家] Shane [McAnally]がそれを私に届けようとしていたのです。」



彼はまた、ステファニーに歌を歌って欲しいと話しました。 「それは私の話に合っています。グウェンが必要だと決めたとき、私は入って録音しようとしていました。それは私たちの歌だからです。魔法だと思う」とシェルトンは言った。

歌手は、多くの人々が歌詞に関係することができるだろうとからかいました。 「その歌の歌詞は、私とグウェンだけでなく、多くの人にとってもそうだ」と彼はナッシュビル・タイムズに語った。 「この曲はおとぎ話ではありませんが、同時に、私が長い間聞いた中で最も叙事詩的で地球を揺さぶる愛の歌でもあります。歌詞はとても正直で、それがいかにあるかを言っているからです。」



彼らは最近、「The Voice」のホストであるカーソン・デーリーと時間を過ごしました

Instagramでこの投稿を見る

#@ make_repostで@carsondalyを再投稿する・・・巨大な赤いターニングチェア、金色の地球儀、井戸から遠く離れた土地で、文明..meとカウボーイは家族と一生懸命に過ごします。それが必要でした、バディに感謝します! (写真クレジット@gwenstefani)#babealert #oklahoma @blakeshelton @carsondaly️Gx

Gwen Stefani(@gwenstefani)が2020年1月6日午前10時24分(PST)に共有した投稿

終わりましたが、それはステファニとシェルトンが同僚と時間を過ごすのをやめたことを意味しません。カーソンデーリーとシェルトンの写真が、カモフラージュを身に着けている彼らのInstagramに投稿されました。



段ボール映画

Dalyはキャプション付きで写真を投稿しました。「巨大な赤いターニングチェア、金色のグローブ、井戸から遠く離れた土地で、文明..meとカウボーイは、家族と一生の思い出を過ごします。 。それが必要でした、バディに感謝します! (写真credit @gwenstefani)。」

悲しいことに、ステファニは戻ってきません 来シーズン。しかし、彼女は再びシェルトンと一緒にステージに立つことになります。

カップルはグラミー賞で新曲を演奏します

Instagramでこの投稿を見る

今年の@recordingacademy #GRAMMYsステージを共有したいのはあなただけです@gwenstefani! 1月26日にチューンインしてパフォーマンスをご覧ください!

2020年1月7日午後8時9分(PST)にブレイクシェルトン(@blakeshelton)が共有した投稿

カントリーシンガーは彼のInstagramページに新しいポスターを投稿しました。彼はグラミーのパフォーマーとしてリストされていることが示されました。彼は「今年のtion @ recordingacademy #GRAMMYs stageと共有したいあなた以外の誰もいない、@gwenstefani」とキャプションを付けました。 1月26日にチューンインしてパフォーマンスをご覧ください!」

ステファニはそれを彼女自身のページに再投稿し、キャプションに追加しました。 #yesplease #myfavoritecountrysinger #nobodybutyou Gx。 Repost @blakeshelton with @make_repost。」

ローリングストーンによると、このカップルは音楽の最大の夜にロサンゼルスステープルズセンターで舞台に立つ予定です。夜の他の出演者も発表されています。

Billie Eillish、Lizzo、Aerosmithも出演します。賞のショーは1月26日にCBSで放送されます。